新たな水素水商品の選択方法


最近 次から次へと水素商品が出てくるんですよね(^^)
把握するのも大変になってきました[E:sweat01]
そして水素水の場合 多くの商品が「水素濃度トップレベル」とか「水素濃度No1」を謳っています

 

余談になりますが 高濃度が良いという風潮がありますが わたくし個人の感覚からいきますと 低濃度すぎたり 水素がまったく入っていないのは困りますが 溶存水素量が0.5ppmくらいあれば十分な気がしています(これについては後日記事で)

 

はっきり言いまして 水素量は各社ほぼ変わらなくなってきています(良品だけですよ)

 

その他の比較材料として味や価格がありますヽ(゚Д゚;)ノ!!
でも これは人によって感覚が違うので 自分で判断するしかありません
水は味がない[E:sign04]いやシンプルなので 逆に好みが分かれると思います(;・∀・)
できればいろんなメーカーのお試し品で好きな水を探されるといいと思います[E:heart04]
価格に関しては その人の経済的理由や価値観があるので何とも言えません[E:sweat01]

 

そして 新たにもう1つ水素水商品の比較材料を提言したいと思います(^_-)-☆

 

Photo

 

それは水素水製造工場の比較です
今回 KIYORAきくちさんの水素水工場取材に行ってきました(*゚∀゚*)
その取材動画を見ていただければ分かると思いますが 工場内はどこも掃除が行き届き 無駄なものがなく整理され 清潔感を感じ取ることができました★

 

水素水工場ではありませんが水工場の見学をしたことがあり 床にダンボールの破片やゴミ、ペットボトルが直に置いてあるのを見て ショックを受けたことがあります
こういった工場で作られる商品は信用できますでしょうか!?

 

清潔感って 建物が古いとか小さいとか関係はないんですよね
古くて小さくても心地よい場所(^^)もあれば 新しいビルだけど不快[E:think]な場所もありますしね

 

なかなか工場見学しにいくのは難しいと思いますが 自分が家族が体内に入れる水だから 製造過程を見て納得するのも 水素水を選択する重要な比較材料だと思いますヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

水素水ブログは個人サイトですので なかなか遠出ができておりませんが(基本的に活動は夜中) 水素水工場の取材機会も増やして発信できたらと考えています(*゚∀゚*)


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>