火の国 水の国 熊本を大好きに!水素水会社訪問旅


9月26日~28日の間 家族で熊本に行ってまいりました[E:airplane]

 

旅行の[E:one]番の目的は
お薦め水素水のKIYORAきくちさんとサラスバさんを訪問することで 無事目的を果たせましたΣd(≧ω≦*) グッ というか目的以上の成果がありました↑↑

 

Dsc_0490
Dsc_0485

KIYORAきくちさんでは なんとヽ(゚Д゚;)ノ!! 工場見学だけでなくビデオ取材もさせていただけました(^^)
通常の見学は窓からクリーンルームの中をのぞき込む形ですが 特別にクリーンルーム内の許可をいただき その全貌を撮影させていただきました[E:sign03]
工場内には無駄なものがなくΣd(≧ω≦*) グッ ものすごく清潔に管理されており★ 消費者としてすごく安心できる環境でした(*゚∀゚*)
また水素について追い求めて7年のかずサンドですが 水素水製造過程を実際に見るのは初めてで感動ものでした(*≧∇≦)ノ
そして以前紹介した「夢の蛇口」から出る超水素水(勝手に名づけました)もいただいてきました[E:note] 家族で感動しきりでした(*≧∇≦)ノ

こちらの動画は編集が終わりしだい公開いたします 乞うご期待ヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

Dsc_0648

サラスバさんでは ご挨拶させていただきたいと少しの時間をいただいたのですが 水素の話に花が咲き(^_^) 気がつくと長い時間経っておりました[E:notes]
こちらの様子は後日別記事にいたします[E:pencil]

実は水素水ブログのお薦め水素水第1号がサラスバさんだったのです(*゚∀゚*)
水素水ブログがまだ知られていない頃 いろんな水素水業者にアクセスしても返答がほぼゼロでした サラスバさんに相互リンクを貼っていただいてから 当サイトの認知度が揚がっていったのです[E:notes]
当時からお世話になっている坂本様に どうしてもお会いしたかったのです[E:heart04]

 

Dsc_0532_2 

そして もう1社
今回すごく素敵なペンションに泊まりましたΣd(≧ω≦*) グッ
南阿蘇に行かれるときはペンションハーモニーのご利用を強くお薦めします(^_-)-☆
ペンションハーモニーでは 近くにある阿蘇白水温泉『瑠璃』のチケットが付いてきます[E:notes]
それでたまたま知ったのですが その温泉を運営しているのが株式会社はくすいさんです
南阿蘇で はくすい・・・ あれ~水素水つくっていたような!?
わずかな記憶はビンゴでしたが 気がついたのが旅行前日で連絡がギリギリになり 担当者とは会えませんでした(;・∀・) 水工場の入り口に水素水のパウチがあったので写真だけ撮ってきました 「白川水源の奇跡 せせら」発売は10月予定だそうです(*゚∀゚*)

熊本は水素水の業者が現在3社 そしてまたもう1社増えるようです(*゚∀゚*)
せっかくなのだから 県をあげて水素水をアピールしたらいいのにと思いました(^^)

 

今回の旅行で熊本が大好きになりました(*≧∇≦)ノ
「水よし 食べ物よし 空気よし 景色よし 人よし 熊本」
旅行に行きたいけど どこにしようかな!?とお考えの方 ぜひ熊本へ[E:rock]

 

すこしだけ いい景色をお裾分け[E:heart04]

 

大観峯
Dsc_0569

白川水源
Dsc_0505

阿蘇山火口 ロープウェイ乗り場前
・・・危険レベル2によりこれ以上いけず
Dsc_0543

千里ヶ浜
ここでNHK熊本の取材を受ける
火口を見れないことが残念だという内容
たまたまサラスバの坂本さんがその放送をご覧になり驚いたそうだ
Dsc_0538

馬刺し
白いのはたてがみの部分 油が甘くておいしー[E:notes]
熊本の馬刺しを食べたら 他のは食べられないというのに納得ヽ(゚Д゚;)ノ!!
Dsc_0495

ペンションハーモニー
Dsc_0521

鍋ヶ滝
滝の裏側から水のカーテン越しに見る景色は神秘的
松島奈々子さんの生茶のCMロケスポット
Dsc_0572
Dsc_0584

阿蘇神社
Dsc_0560_2

熊本城
Dsc_0614

九州新幹線 つばめ
Dsc_0653

 

これ以外の紹介はYouTube IIMONO-Radarチャンネルにて(^_-)-☆


アドセンス広告

「火の国 水の国 熊本を大好きに!水素水会社訪問旅」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>