生命の不思議


ATP(アデノシン三リン酸)は「生体のエネルギー通貨」とも呼ばれ
無機リン酸を放出し ADP(アデノシン二リン酸)に変わる時に
筋肉等を動かすエネルギーとなるらしい。
そのATPを製造するところがミトコンドリアである
ミトコンドリアには まるでモーターのような・・・
いやモーターそのものである

その回転は驚くことに 水素イオンによるものらしい
今月発売のニュートン2月号「わかる図解 細胞」の中でも触れられている
http://www.newtonpress.co.jp/

こちらのサイトで詳しく紹介されています

http://www.res.titech.ac.jp/~seibutu/main.html?right/~seibutu/projects/f1_j.html

ミトコンドリアのモーターが回っている動画もあるので 面白いです

しかし 生物の構造って不思議ですね
モーターがあったなんて・・・
しかも 水素は重要な役目を果たしているのですね

水素水を飲んだ際は 筋肉痛になりにくいのが わかる気がしてきました


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>