水素水メーカーの理念


「儲かればいい」ではなく 「いいものを作る」という理念が根底にあることのが付加価値商品を生み出す最大の要素ではないでしょうかヽ(゚Д゚;)ノ!!
KIYORAきくちさんはその理念の手本であると思いますΣd(≧ω≦*) グッ

 

水素商品業界の多くの方とお話をさせていただいておりますが その理念の会社が多いことが嬉しいです(*≧∇≦)ノ

 

「水素水」で急成長!地元熊本の名水に”超”付加価値を付けたKIYORA菊池
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36578

?「KIYORAきくち」(本社・菊池市、大神志保子社長)。健康ブームの中で一躍人気商品となった水素水のメーカーである。厳密に言えば、6次産業の範疇からは外れるが、宝に磨きをかけている同社の高付加価値化戦略は6次産業の手本になり得る。

?阿蘇山麓に広がる菊池市は豊かな伏流水が湧き出る銘水地として知られる。昔からの米作地帯だが、そこでできるコメの食味が良いのも、美味しい水と切っても切れない関係があるからだと言われる。市内を流れる菊池川の源流「菊池渓谷」の水は、1985年に環境省が認定した「名水百選」にも選ばれた。

?そんな豊かな水を売り物にしようという試みは様々行われている。ペットボトル詰めしたミネラルウォーターや、仕込み水として作った日本酒など、成功している商品もある。そんな中で短期間の間に急成長しているのが「ナノ水素水KIYORABI」を製造・販売する「KIYORAきくち」なのだ。

(2013年07月31日 現代ビジネスより一部抜粋)


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>