高濃度天然水素温泉 俵山温泉


4月1日のエイプリルフールに「天然飽和水素水の湧水発見される!!」という嘘記事を書きましたが 今回は本当です(*゚∀゚*)

 

水素含有量が多い天然温泉が産経ニュースで紹介されました[E:spa]

 

その記事によると山口県長門市の俵山温泉の水素含有量が なんとヽ(゚Д゚;)ノ!!  0.4ppm だということです[E:bud]

 

0.4ppmですよ
0.4ppbと見間違えたかと思いましたლ(╹‿╹ლ)
低濃度な水素水商品は負けてしまいますよ
天然温泉でこの数値はすごい[E:sign03]

 

温泉好きとしては入ってみたいものです(^_-)-☆

 

山口県遠いな・・・(;・∀・)

 

「思わぬアベノミクス効果!! 沸き立つ俵山温泉 高濃度水素が効能の秘密 山口・長門市」

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130416/ymc13041613580001-n1.htm

平安時代から秘湯中の秘湯とされながら利用客減に苦しんできた山口県長門市の山間の温泉街「俵山温泉」が勢いづいている。

・・・

松田教授はこう述べて温泉の効能を延々と説明した。源泉に水道水の数万~数十万倍の水素(0・4ppm)が含まれ、これが細胞の酸化を防ぎ、老化防止から認知症予防、リウマチ、脳梗塞などに幅広く効能があり、美肌効果も期待できるという。


アドセンス広告

「高濃度天然水素温泉 俵山温泉」への1件のフィードバック

  1. 石川県の山中温泉もかなりの水素含有量だそうです。
    中日スポーツ 2013年12月17日
    水素含有量日本一
    石川県加賀市・山中温泉
    松尾芭蕉が愛した名湯、石川県加賀市の山中温泉は、水素の含有量が日本一で、老化防止に効能があるのが分かったという。
    1300年の歴史誇る「菊の湯」
    山中温泉観光協会によると、水素が多いと分かったのは昨春、金沢大学の廣瀬幸雄名誉教授の調査。温泉1リットル中の水素量604ppbあった。よく分からない数値だが水素量が多いとされる秋田県の玉川温泉の70ppb、鳥取県の三朝(みささ)温泉33ppbなどと比べるとずばぬけて高いという。水道水は0.02ppbだ。
    水素は老化やガン、肥満など生活習慣病を引き起こす活性酸素を取り除く作用のあることが分かっている。温泉法で定義される温泉成分に水素量は該当しないが、入浴・飲用による効果が注目されている。
    泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉。女湯前の広場に無料の足湯、男湯の前には飲泉湯、温泉卵づくりもできる。備え付けのヒシャクで飲んだ。無味無臭。湯は24時間出っぱなし。手で触ると熱い(泉源48.2度)。
    ペットボトルを手に湯を入れに来た年配の男性と雑談。年齢を聞くと78歳。肌にハリがあって白い。「毎日、くみに来てお茶やコーヒーにして飲んでる。家の風呂は入らず、毎日、菊の湯だ。おかげで風邪をひいたことがない」。料理人もくみに来た。釜飯に使うと言う。「ご飯が光るよ」
    出会った人はお年寄りが多かった。でも皆、肌つやがよくて元気だった。市制情報を見ると、人口7万1540人中、80歳以上のお年寄りは6386人(10月1日現在)、最高齢は105歳。温泉の霊験あらたか、のようだ。
    http://suiso.otemo-yan.net/e813797.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>