健康産業新聞で水素特集(水素商品市場規模拡大と水素業界震撼のあの話題)


水素商品の規模が大きくなってきています↑↑
健康産業新聞が水素特集で2012年の市場規模を165億円と算出されました★
そして2013年は200億円を越すとの予測です[E:fuji]

ものすごい急成長ですね(*≧∇≦)ノ

その特集では先月の水素業界の超話題となった 週刊文春の記事
『夢のアンチエイジング商品 水素水論争に最終結論! 誌上実験でわかった「本物」と「偽者」』
http://suisosui-blog.net/?p=780
http://suisosui-blog.net/?p=783
についても触れています[E:eye]

健康産業新聞の記事によると「測定方法の根拠に関する疑問を口にする企業も少なくなかった」と書いてあります
わたしが健康博覧会で多くの水素関連ブースを周りましたが その話題はでませんでしたヽ(゚Д゚;)ノ!!
水素水ブログネットワークでも測定方法を批判する人や会社もいません
偽物認定された会社が騒いでいるものと思われます(*゚∀゚*)

健康産業新聞さんはそういった会社もお客様なので そう書かなければならないのでしょう[E:think]

【特集】「水素」市場規模165億円に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00010001-kenkoshin-ind

健康産業新聞の調査による2012年の水素商材の市場規模は約165億円と、200億円の大台が射程圏内に入った。最近はTV番組や雑誌など、水素がメディアに取り上げられる機会が増え、消費者の水素の有用性に対する認知度と関連商材に対するニーズが高まりつつある。

・・・省略・・・

■求められる周辺環境の整備

水素商材市場が拡大する一方で、業者間での主導権争いも目立ち始めている。先月、一部週刊誌が某学者の言葉を借りて、マイナス水素イオンや水素吸蔵サンゴ、活性水素などと謳った一部商材が“偽物”だとする特集を組んだ。

本紙の取材では今回の報道に対して、水素の測定方法の根拠に関する疑問を口にする企業も少なくなかった。今後、水素商材の市場が次なるステップに進むにあたっては、測定方法の規格化や客観的な検証を行う産学連携による業界団体の設立など、周辺環境を早急に整備する必要が求められる段階にきていることがうかがえた。

(2013年3月13日 健康産業新聞より一部抜粋)


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>