週刊文春 太田教授が補足説明


水素水業界に激震が走った
週刊文春2月28日号の水素水特集
『夢のアンチエイジング商品 水素水論争に最終結論! 誌上実験でわかった「本物」と「偽者」』
について太田教授がブログ「太田成男のちょっと一言」で補足説明されてます(^^)

 

水素の量を表す単位 ppm が溶液と気体では1万1千倍も違う理由を詳細に書かれておられます(*゚∀゚*)
難しいですが[E:sweat01] 何度か読めば理解できます(^^)

 

また下記のURLで週刊文春の記事を公開されてます(*≧∇≦)ノ
http://shigeo-ohta.com/wordpress/wp-content/uploads/2011/08/130228bunshun2.pdf


アドセンス広告

「週刊文春 太田教授が補足説明」への1件のフィードバック

  1. 放射能に勝つ「食材」「水」-細胞生物学の権威が緊急報告
    太田教授は2007年5月、水素が体内の活性酸素をなくし、動脈硬化、がん、脳梗塞など生活習慣病対策に大きな効果があるという研究結果を「ネイチャー・メディシン」などで発表している。
    これまで水素が医学的に効果があるという結果を報告する論文が、各国から100本以上寄せられているが、そのさきがけとなったのが太田氏だった。
    水素水と聞くとうさんくさい印象をもつ人も少なくないだろう。
    水素は水に溶けにくいというイメージがあるし、インチキな業者も少なくないからだ。
    だが、水素は酸素と同じくらい水にとけ、安心な水素水が既に流通している。
    そして、活性酸素を退治するのに、水素ほど効果があるものはない。と私は信じている。
    NASAでも水素水を研究
    これらは何も私ひとりの考えではない。たとえば、昨年中国、上海の第二軍事医大がまとめた研究。
    マウスの集団に放射線で急性大量被ばくをさせ、2つの群にわけた。
    一つは水素がとけてない普通の水を飲ませた群。もう一つは水素水を飲ませ続けた群。
    すると、普通の水を飲ませた群は10日ほどで9割5分が死んだが、水素水を飲ませた群は2割しか死亡しなかった。
    あるいは、米ピッツバーグ大学でのネズミの臓器移植の研究。
    通常、臓器移植の際、免疫抑制剤を使わないと免疫抗体で拒絶反応が出て、8割以上は死ぬ。
    ところが、この実験では水素水を飲ませた群は免疫抑制剤なしで7割が生き残った。
    NASAでも放射線対策に水素水の研究をはじめている。
    活性酸素の主成分である、ヒドロキシルラジカルという物質は、水と結びつくと化学反応で消滅する。
    また、水素は分子サイズが小さいので、どこの部位や器官にも透過していく。
    そこで体中に散らばる活性酸素をつぶしていけるのも強みである。
    水素水は大手飲料メーカーでも出しているので関心をもたれた方は一度飲まれてみるといい。
    ちなみに水素はプラスチックボトルでは透過して外に出てしまう。
    ペットボトルに入れて販売している業者があったら、それこそ怪しいものか、私の知らない特殊技術を開発したかのどちらかであろう。
    「放射能に勝つ」食材も水もあるのだ。たとえ、原発からの放射線物質放出が長引いたとしてもあわてる必要はない。
    また、科学的根拠のない風評被害は人災である。
    ぜひ、冷静な対応で風評被害を助長しないようにお願いしたい。
    (週刊文春2011年4月28日号)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>