水素水と電解水の違い


当サイトに「水素水とアルカリ電解水(アルカリイオン水)は同じなのですか?」というご質問が多くあります(*゚∀゚*)
先日 出版された「水素のはなし」の中に解りやすく「水素水と電解水の違い」が説明されてましたლ(╹‿╹ლ)

水(H2O)を電気分解すると水素分子(H2)と酸素分子(O2)に分かれます
アルカリというのは 水から水素原子がなくなった(OH-)の状態です

水素水は水に水素分子が混ざっているものです

Photo
アルカリ電解水は水素分子以外にもアルカリが含まれている水です
またそれ以外にも電気分解に使った電極の金属も多く解けている場合もあります

Photo_2
水素水は水素が抜けたら ただの水ですが
アルカリ電解水から水素が抜けても たぶんアルカリ電解水です[E:sign04]

当サイトでは水素や水素水が学術的に健康によいという論文を紹介していますが 水素が抜けた電解水が健康によいと証明した研究は太田教授もみたことがないそうです(*゚∀゚*)

電解水が良いとされるのは水素のおかげかもしれませんね!?

ちなみに当サイトの水素水および水素水サーバーの認定基準は中性域です
電解浄水器についての評価を聞かれることがありますが 当サイトは欄外としております

水素水として電解浄水器をお考えの方は そのウェブサイトをご覧になり判断されることを強くお薦めしますヽ(゚Д゚;)ノ!!
確認事項の1つとしては溶存水素量です
溶存水素量の見方で気をつけなければいけないのは 水素量を示す単位です
水素量はppmまたはppbで表されます
このmとbで大きく違います

1ppm =1000ppbなんです

ppmとppbを間違うと水素量を1000倍間違えてしまうことになります[E:sweat01]

1ppmは水1リットルに水素が1ミリグラム混ざっていると思ってください
これ以上水素が混ざらないという飽和状態は1.6ppmです ppbにすると1600ppbです

ある電解浄水器のウェブサイトでは水素溶存量50ppbほどの記載がありました
50ppbとみると多そうに見えますが ppmに変換すると0.05ppmです

水素を目的でサーバーや浄水器など購入されるときには溶存水素量をご確認ください

最後に電解水を否定しているわけではありませんので・・・(;・∀・)


アドセンス広告

「水素水と電解水の違い」への2件のフィードバック

  1. ごぶさたしています。ぱるぱるです♪
    先日、ネットにてメチレンブルーを購入し、
    うちのサーバーの水素水の溶存率を調べてみました。
    水道水とも比較して、20ミリリットルずつ入れた容器に、滴下しました。
    水道水はもちろん何の反応もなく、水素水は13滴まで入れたところで、
    家族からストップがかかり、止めましたが、ずっと透明になり続けていました。
    その後、数分の間にどんどんブルーに変わっていきました。
    ちょっとブルーになるのが早いのではないかと疑問に思いましたが、
    家族はたくさん入れたからだよと、気にしていませんでした。
    そんなものなのでしょうか?
    まあ、溶存している事は間違いなく、
    コップなどに注いだらすぐに飲み干すのがよろしかろう。
    という結論に達しました。
    話は変わりますが、先日久しぶりにプールで1キロ泳いだり歩いたりして、
    翌日はスキーへ行き、くたくたになりましたが、筋肉痛は皆無でした。
    これも恐らく水素水効果ですよね?イエーイっ!!!

  2. お久しぶりです
    いつもご愛読ありがとうございます
    また ご返答が遅れて申し訳ありません
    メチレンブルー買われたのですね
    もうわたし同様 水素水のとりこになってしまったのではないでしょうか(笑) 
    はっきり申し上げられませんが 13滴まで透明になっていれば十分じゃないでしょうか
    メチレンブルーは酸化したもので 水素水は還元の作用があります
    双方がであえば 水素水の還元力は弱まりますので 透明になっている時間は短くなります
    問題ないと判断します
    しかし メチレンブルーではっきりした水素量を測定するのは難しいですので 当ブログで研究所クラスの測定器をお持ちの企業さんとタイアップして 正確な水素量の情報を公開できればと考えてます
    水素水を飲料することで 筋肉痛になりにくいというのは良く聞きますし わたしも実感してます
    また 学術的にも証明されつつあります。先日の分子状水素医学シンポジウムでも紹介されてました
    ほんと! 水素水ってイエーイ!!ですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>