水素水生成器 La Briller(ラブリエ)のレビュー


“水素水”ブログ発信動画一覧


 

内容書き出し

ついに我が家初の水素水サーバーが届きました こちら!!

“水素水”ブログでもお薦めサーバーとしているターナープロセスさんの水素水サーバー 水素水生成器ラブリエ届きました

これ実に軽いんです 片手でも持ててしまう軽さです
大きさも横も縦も顔2つ分くらいです

箱には「潤いのある水素水生活をあなたに。」
名前が「水素水生成器 La Briller(ラブリエ)」
TANAPって書いてあるんですけども 会社名がTANAH PROCESSさんの商品なので
たぶんTANAHのTANAとPROCESSのPをとってTANAPとしていると思います
(箱の)横はこんな感じで 裏側は同じような感じです
詳細には 電気分解水素バブリング方式 15分で600mlの水素水が生成能力があると記載があります

それではさっそく(箱を)開けていきます
一番上に取説です
大きな箱が出てきました その中に本体
軽いです 魔法瓶くらいの重さです 魔法瓶より軽いかも・・・

そしてもう一つの箱には
・電解補助液
・計量カップ
・蓋
・瓶
・ストロー(細くて長くて青い)
・電源ケーブル

電解補助液の注意事項
・飲まないでください
・手で触れないでください
これは少し危険ですので、厳重に密封されています
箱の中にはボトルが6本 1本で1カ月使用できます

これで全部揃いました

全体の形は
ノズルがついていて 見た目は電気ポットみたいです
番号がHA-001と書いてあります
なにか透明の部分があります
ボタンは1つしかありません
電解液をいれるところがあります
裏側には電源ケーブルと電解液をぬくところがあります

電解液を入れる 電解液をぬく ボタンを押す

すごくシンプルな水素水サーバーです

それでは水素水を作ってみたいと思います

その前に
取説の警告を調べる
火器厳禁・・・など

まずは電解液をつくります
付属の計量カップに1000ccの水道水をいれて
その中に電解補助液を混ぜます

作った電解液を本体の中に入れていきます
入れる前には 電解液をぬく側のキャップがきっちりはまっているかチェック

最後に電源ケーブルをつなぎます

電源をいれると全面が青く光ります

付属の瓶に スーパーから汲んできた純水を入れました
瓶に方向に気をつけて蓋をつけます
最後に瓶の蓋の穴にストローを通して さらにノズルにストローをはめ込みます
これでセットが完了しました

それでは電源を入れます

瓶の水が水素水になるまで15分かかります
瓶の中には水素がバブリングされ
本体の透明の部分には酸素の気泡が見えます

15分待ちます

出来ました
ノズルからストローをはずします
蓋を回します
そしてできた水素水をコップに注ぎます

水素自体には味がありませんので 水の味は変わりません
水が美味しいので できた水素水も美味しいです

これで水素水ができました

ラブリエの評価です

利点
①スタイリッシュな本体
②ほぼ電気ポットと同じくらいの大きさで置き場に困らない
③操作やセットも簡単(ボタンは1つのみ)
④生成された水素と酸素が見えるのが楽しい
⑤本体の中に飲料を入れないので細菌やカビの心配がない 関連記事
⑥自分の好きな飲料に水素を入れられる

欠点
①水素水生成まで15分かかる
②バブリングされる水素気泡がもっと細かければ・・・
③ACアダプターがちょっとでかい

感想
水だけでなく 好きな飲料に水素を入れられるという利点は大きい
コーヒー・紅茶・牛乳・味噌汁・搾りたてのフレッシュジュースなどなど
生成する時間はかかるが 逆に楽しめる時間でもある(私だけかな?)
耐久性についてはまだ分からないが シンプルなものほど壊れにくいのではないかと考えられます

以上 ラブリエのレビューでした

それでは see you next movie.

水素水サーバー認定

 


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>