生きるを伝える

「生きるを伝えるー脳脊髄液減少症を知ってほしい(10/3放送)」文字起こし


2015年10月3日 テレビ東京で放送された「生きるを伝える」を文字起こししました。

すいそのぽーたるで水素水の情報を発信されており、かずサンドと仲良くさせていただいている 女優 早坂理恵さんの、自身の「脳脊髄液減少症」という、まだ治療法も確立していない難病のドキュメンタリーです。

「脳脊髄液減少症」は認知度が低いため、偏見も多い病気のようです。
病気だけでも辛いのに、周りから冷たい目で見られ、精神的にも追い詰めれれるケースも多いのです。

まずは多くの人がその病気のことを知り、患者さんに対し理解ある社会にしていくことが重要だと思います。

 

文字起こし


オープニング

『こんにちは』

ヨガ教室を取材するモデルの早坂理恵さん。
ある病気をきっかけにライターとしても活動を始めました。

『(病気が)辛いというよりは、これを活かそうというような・・・ その先に繋がるための種なんだなと』


ディテールズ

健康に美容について執筆活動をする早坂さん。
小学生の頃からモデルとして活躍していました。
しかし、26歳のとき、

『突如、すごく激しい頭痛がきまして・・・』

その後、次々と思いもよらない症状がおそいます。

『今までしてた普通のことが急にできなくなり・・・。自分の家に帰ろうとするんだけど、ここで曲がるんだったか、どうだったかみたいな』

診断は脳脊髄液減少症。
原因は不明で、明確な治療法も確立していない病気でした。
これまでのように仕事を続けることは困難になり、更に追い討ちをかける出来事が。

『頭痛、吐き気、めまいというのが、主な症状なので、ある方にとっては、「そんな程度で会社休むの?」みたいな』

病気の認知度が低く、偏見に悩まされる早坂さんに、ある思いが募ります。

『脳脊髄液減少症という病気をもうちょっと知ってもらいたいなと』

症状を1つ1つブログに綴りました。
すると、予想以上に大きな反響を呼びます。

『「大変な病気を患いながらも、前向きに生きていらっしゃるその姿にいつも勇気づけられます」というような。私の病気も無駄じゃなかったなと。』

人に勇気を与えられることができると知った早坂さん。
今では、ライターとして新しい一歩を踏み出しました。

『(病気が)辛いというよりは、これを活かそうと、自分で何ができることを見つけて、生きていきたい』

病気に負けない姿を発信する早坂さん。これからも勇気を届けます。


番組ホームページで動画が見れます(放送されたものより充実した内容です)
http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie339.html

hayasakarie


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>