「マグネシウム使用 水素水生成スティックタイプ」認識してから購入決断を!


水素水を生成するには いくつかの方法があります
その1つにマグネシウムを使用し
水素を発生させ水素水を作る商品がでています

金属マグネシウムがはいっているスティックを
ペットボトルに入れると水と反応して水素が発生するしくみです

Mg + 2H2O → Mg(OH)2 + H2
金属マグネシウム + 2水 → 水酸化マグネシウム + 水素

当サイトでいくども記していますが
ペットボトルは水素が通り抜けてしまうので
水素水をそのままにしておけば ただの水になってしまいます
しかしこのスティックを入れておけばペットボトルの外に出ていく水素もありますが
それ以上に水素が発生するので 水素水になるというものです

当サイトで実際に測定したことはないので
どのくらいの酸化還元電位なのかはわかりませんが
まちがいなく水素水になると思います[E:tulip]

そして利点は他の水素水と比べて
コストパフォーマンス[E:moneybag]が良いのです(^^)

水素水を選択するための1つとしてコストパフォーマンスは重要です
しかし それだけで選んでしまうと危険です[E:ban]
水素が入っていないものを選んだり
水素が入っていても低濃度のもの
を選んだりしてしまうからです
正しい知識と情報を得て 商品選びをしなければなりません[E:club]

そこで「マグネシウム使用のスティックタイプ」を選択するならば知っておかなければならないことがありますヽ(゚Д゚;)ノ!!
知っていて購入するのと知らないで購入することは大きく違います[E:sign03]

まず金属マグネシウムは食品は厚生労働省で食品添加物として認められていません
ですので マグネシウム使用スティックタイプは雑貨として販売されています
そして純粋に水素だけ発生させて水素水にするのではなく
水酸化マグネシウムも混入していることを認識しなければなりません

この水酸化マグネシウムは食品添加物として認められていますが
便通をよくしたり 胃酸を中和する薬に使用されています
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se23/se2344003.html

この水酸化マグネシウムはミネラルの1つでもあるので
接種には問題はないと思いますが
高マグネシウム血症や小さい子供には気をつけた方がよいと思います

でも現代人は逆にマグネシウム欠乏症の人が多いので
この方法で摂取するのもよいのかもしれません

この記事を読まれて あくまでもご購入にするかどうかは読者さんの選択です

しかし選択する前に
①マグネシウム使用スティックタイプは雑貨である
②水素以外に水酸化マグネシウムの摂取もある

ということを念頭においてお選びください


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>