水素水容器 アルミパウチの実力は!?


 

Peth2_4

水素は宇宙で一番小さい物質なので ペットボトルに水素水を入れても
あっという間に水素はペットボトルの外
悲しいことに 1日もたてば単なる水になってしまいます[E:bearing]

以前この性質を利用した
ペットボトルミネラルウォータが水素水になる」の実験をしました(^_-)-☆

下記の画像のように 市販のペットボタルタイプのミネラルウォーターを
数時間水素水に浸しておくと 水素がペットボトルをすり抜けて
ミネラルウォーターが水素水になるという実験ですლ(╹‿╹ლ)

Suidosuisuisosui_2

 

 

今回はこの実験方法を利用して
ペットボトルとアルミパウチの水素を留める実力差の比較を行いました

Photo

酸化還元電位 +592mVの水道水
(千葉市の水道水は酷いです[E:wobbly])
を漏斗を使い空のペットボトルと
アルミパウチに充填
しっかり蓋を閉めます

Photo_4 Photo_5

 

(容器の関係上小型タイプのYANAGAWA水素水のアルミパウチを採用)

麦茶などを入れておくプラスチック容器を2つ用意して
両方の容器に水道水を入れます[E:typhoon]

片方の容器に先ほどのペットボトル
もう片方にアルミパウチを入れます

Photo

 

そして最後に両容器に 水素化マグネシウム(MgH2)を投入
プラスチック容器内の水道水は水素水になります

Mgh2

 

これで準備終了[E:delicious]
ペットボトルとアルミパウチを水素水に浸けたまま24時間待ちますლ(╹‿╹ლ)

・・・24時間後 ペットボトルとアルミパウチの中の水は!?

ペットボトル内の水の酸化還元電位
Orp

アルミパウチ内の水の酸化還元電位
Orp_2

 

 

結果

ペットボトル  +592mV  -155mV  (747mV [E:down] )

アルミパウチ +592mV  +494mV  (98mV [E:down] )

以上の実験より

水素は簡単にペットボトルを通り抜けることが証明され
水素水はペットボトルを容器とすることが無謀であることがわかる

アルミパウチは完ぺきではないが 水素を容器内に留めるチカラがあることがわかる
いままでの当ブログの経験より 3ヵ月は水素をある程度キープできます しかし製造後できるだけ早く飲料されることをお薦めします(*゚∀゚*)

 


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>