水素関連商品認定(水素化粧品 Auter)


下記の商品を水素関連商品と認定します

Dsc05759
 

認定者: かずサンド
測定者: かずサンド
認定範囲: 水素水ブログ内

○基本情報
商品名: 水素化粧品 Auter
会社名: 水素健康医学ラボ株式会社

○会社公表数値
「Auter Essence」を100ml程度の水に1滴垂らすと水素含有量が飽和状態になる

○測定結果
測定日: 2012年2月17日
酸化還元電位:
「Auter Essence」を入れる前  +325mV
「Auter Essence」を入れた8分後  -308mV前後
メチレンブルー判定: 透明(約1分)

備 考: ①当サイトの水素水風呂実験と同じ新素材MgH2を使用
備 考: ②化粧水タイプ「Auter Essence」と
備 考: ②クリームタイプ「Auter Original Cream」がある
備 考: ③太田成男教授と共同研究されて開発した商品
備 考: ④湿度のあるところでは、キャップの開け閉めはお早めに
備 考: ④(MgH2は水と反応して水素が発生します)

Dsc05760 Dsc05761

 

MgH2関連記事

「MgH2 0.1g = 1.6ppm 水素水 55,555L」
「夢の水素水風呂の成功」
「水素水風呂実験の課題」

 


化粧品






石鹸

石鹸

入浴剤

水素水

水素水

 

————————————————————— 水素水ブログ目次へ


アドセンス広告

「水素関連商品認定(水素化粧品 Auter)」への5件のフィードバック

  1. 本日、偶然このブログをみつけ拝見させていただきました。水素水ブランドは、たくさん有りすぎてどれを信用してよいか悩んでいた最中だった為、大変助かります!ところで、水素水では有名ブランドの VanaH や アキュエラシリーズ は、まだ検証はされてませんか?TVCMでお馴染みで、知名度はあると思うので、検証する価値はあると思うのですがいかがでしょうか。よろしくお願いします。

  2. しみだらけ様
    当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
    個人ブログですので、なかなか調査にはいたりませんが、少しずつ調査していきたいと思います。
    アキュエラさんは間違いなく本物だと思いますので、できるだけ早いうちにやりたいです。
    今後とも よろしくお願いします。
    かずサンド

  3. 太田成男教授はご自身のHPでこの商品を100mlの水に1滴たらし、それを1日5杯飲むことを薦めていらっしゃいます。
    当該URL(http://shigeo-ohta.com/水素発生新素材/)
    かずサンド様はこれについてどのようなご意見をお持ちでしょうか? これだと携帯できるので手軽だなと思ったのですが?

  4. じじ様
    わたしも水素化マグネシウム MgH2の粉末を直接飲んだことがあります。
    また、こちらの化粧品も直接舐めたこともあります。
    その後体になんの副作用もなかったようです。
    また次の日も体が快調でした。
    MgH2は水と反応すると水素H2と水酸化マグネシウムMg(OH)2が発生します。
    太田教授もおっしゃっていますがMg(OH)2は食品として認められています。
    しかしながら、あくまでも化粧品として販売されてますので、それを水素水にして飲むのは自己責任ということになると思います。
    逆に飲むことのできる化粧品は化粧品として安全だということは思いました。なんだかわからない成分入りの化粧品多いですからね。
    それから味のことをいうとMgH2が入ると美味しくないです。
    ちなみにこちらの業者さんから、もうすぐ水素水とサーバーが出るそうです。まだ詳細はわかりませんが、前回のイベント会場で少し伺ったところ、かなり期待のできるこだわったサーバーみたいです。
    それも詳細がわかりしだい、記事で紹介したいと思います。
    参考にこちらをどうぞ
    http://suisosui-blog.net/suisosui_pack/2012/09/post_eda4.html
    http://suisosui-blog.net/suisosui_pack/2012/10/post_9dd3.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>