願望 水素目薬


水素水を飲んでいたら
視力が良くなったという話を聞きます

常に目を酷使している私は
うらやましい限りです
たしかに目の病気の多くや
目の衰えは活性酸素が大きく絡んでいます

そこでこんな商品があったら
使ってみたいという願望があります

★水素入り目薬★

目に直接水素を点眼したら
めちゃくちゃ良さそうな気がしません!?

水素水だと目の粘膜まで洗い流されるし
目が痛くなることがあるし・・・(  ̄ノ∇ ̄)

水素の保存が難しいのと
点眼1回ずつパッケージを分けると
高価格になりそうだけど

なんとか低価格で高品質水素目薬ができないでしょうか!?

水素水業者様ならびに目薬業者様
コラボ[E:sign05]しても面白いと思いますよ

開発される業者様いらしましたら
当サイトで応援させていただきます(*≧∇≦)ノ
ご連絡ください[E:loveletter]


アドセンス広告

「願望 水素目薬」への5件のフィードバック

  1. 水素水ブログを初めて拝見しました。
    私もかなりの水マニアです。
    水素水は、燃料電池で脚光を浴びているせいか、時代の流れにも乗っているサプリメントと言えますね。
    活性酸素は、免疫物質として身体で利用されています。皆さん、誤解の無いように。
    身体の98%の活性酸素は、善玉です。悪玉と評されているヒドロキシルラジカルは、2%です。この悪玉活性酸素を選択的に中和してくれるのが、水素水なのですね。
    次回から、賛同があれば勝手な理論を投稿し続けます。 では、

  2. 水素水は、悪玉の活性酸素ヒドロキシラジカルを選択的に中和します。人間は、水素がなければ病気になったり、老化してしまうのでしょうか。
    正解!に近い。成長ホルモンが産生される二十歳くらいまでは、若々しく病気になりにくいものですね。
    これは、悪玉活性酸素が生まれる細胞の中にあるミトコンドリアの話になります。二十歳くらいまでは、悪玉活性酸素と同時に中和する酵素が産生されているのです。
    つまり、必要とされて使命を持つ人間は、悪玉活性酸素を打ち消す力を備えているのです。
    ですから、成長期に大量の水素水を摂取することは、危険です。
    自らの免疫、アンチエイジング力を一番大切な時期に鍛えられなくなるばかりか、水素水がなければ正常化されない身体を作っしまうからです。
    危険?
    危険!
    しっかりと理解して飲用しましょう。
    成長期に注意です。
    このことを強く訴えてこそのブログです。
    次回は、だから水素水 にしましょう。

  3. 水素水を成長期に飲用する注意を前回説明しました。
    でも、アトピー性皮膚炎の子供も?
    免疫のバランスが崩れ、自分自身の防御が作用しているのです。だから、それ以外元気でしょうがない子供ばかりですよね。
    飲用してください。そして、ガーゼや下着を水素水で湿らせて患部に当てましょう。
    内部から、外部からが必要です。痒くてひっかいてしまうまめにステロイド剤=抗生物質を塗布していまうのは、しょうがありません。抗生物質が身体に良くないのは、みんな知ってます。だから、外部からもホローが必要なのですよ。できれば、集中一週間頑張りましょう。きっと、改善され始めたことがわかるはずですよ。たくさん飲んで、たくさん塗布しよう。
    改善がはじまったら、とにかく継続すれば、像肌は赤身になります。赤身への変化が、楽しくなりますよ。赤身にすっかり改善されるころには、痒みが収まりステロイド剤塗布はないはずです。
    赤身からは、勇気が必要です。
    勇気については、次回です。

  4. さて、水素水を飲用し塗布することで、夜中にしてしまう引っかき傷を抑えて、赤身肌に良化していくことを書きました。
    ここからは勇気です。勇気とは、運動して汗をかくことです。今まで汗をかくことは、痒くなったり痛くなったりで、運動したくてもできない毎日でした。トラウマになっている方も多くいらっしゃいます。
    だから、勇気が必要です。お子様には、親が一緒に汗をかいてあげましょう。少しづつでよいので、汗をかきましょう。目に見えて、赤身が消えていきます。不安や違った症状が出たら、問い合わせくださいね。
    焦らず、安心して水素水と共に進みましょう。
    次回は、目について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>