人の命の尊さ


世界の人口が70億人を突破しました
今日生れた赤ちゃんは70億人目ということで
世界人口基金より認定証が発行されるらしいです

おめでとうございます[E:heart04]

この70億人記念日と先日プレゼンをやったことが
ほぼ同時期に重なったことで あることを思い出しました

「人の命の尊さ」を題材にした内容で
プレゼンテーション大会で優勝したことです

(その一部より)

すべての人には
父と母の2人の親がいます
この2人が存在しなかったり
出会わなかったら
今の自分はいないわけです

そして親にも2人づつ親がいます
自分からみると祖父と祖母です
ここで自分に関連する人物が6人となります

親の代を1代前(2人) 祖父母の代を2代前(4人)とし
同じように 32代前まで計算すると
自分と関連する人物は何人になるでしょうか

まずは計算しないで 想像してください

各代の間を仮に25年で計算すると
800年ほど前から 自分と関係する人物数です

想像できたでしょうか
答えが見えたらつまらないので
下記の「人です」の前に白色で記入しておきます
マウスで選択し文字の色を反転させて見てください

答え 85億8,993万4590人です

たぶん驚きの人数だと思います
そのうち1人でも存在しなかったら
パートナーと出会わなかったら
あなたは存在しなかったのです

この約半数の人物が800年ほど前の自分の先祖となりますが
西暦1200年の人類の数は4億5,000万人ほどとされてます

ということは「人類みな兄弟」
という言葉の重みを感じるのではないでしょうか

今 私たちが存在していることが奇跡であり
すべての人間が尊い存在であることが

数字から読み取れるのではないでしょうか


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>