疲労の原因は活性酸素が濃厚 基本的生活+水素水を!


疲労の原因はやはり活性酸素が濃厚らしい
水素水で疲れが和らぐ理由も これで説明ができそうだ[E:note]
でも一番の特効薬は睡眠[E:sleepy]とのこと
やはり水素水はオプションだヽ(゚Д゚;)ノ!!

「酸化ストレスで脳が疲弊 慢性疲労に抗酸化物質 イミダゾールジペプチド」
http://diamond.jp/articles/-/14347

ヒトはなぜ「疲れ」るのか。乳酸の蓄積によるもの、という説は大間違い。今では、乳酸はむしろ筋肉疲労を抑え、脳神経活動のエネルギー源となることがわかっている。つまりは「疲労回復物質」なのである。冤罪の乳酸に代わり、疲労の真犯人と見なされているのは「活性酸素」だ。

疲労自体は悪いことではない。働き過ぎの警告なのだから。しかし、生活に支障を来す病的な疲労には治療が必要だ。残念ながら「これ1錠ですっきり」という薬はないので、せめて抗酸化物質を意識して摂ろう。最近注目されているのは、大阪市立大学医学部研究科のグループが産官学プロジェクトで発見したイミダゾールジペプチドという物質。鶏のささみや胸肉に豊富に含まれている抗酸化物質で、製品化の過程で抗疲労効果が証明されている。鶏肉なら1日60~100ミリグラムを目安にして日々の食生活に取り入れよう。もちろん、いちばんの特効薬は「睡眠」なのだけれど。

(2011年10月11日 週刊ダイヤモンド編集部 井手ゆきえ [医学ライター]より一部抜粋)


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>