体内摂取酸素量調節たんぱく質を特定


水素水は発生した活性酸素を減少させることができますが
活性酸素発生の根源に影響を与えることはできないのではないでしょうか。

そこで下記のニュースを紹介します

血液中の酸素濃度を調整するタンパク質が判明したようです
これを突き詰めれば 活性酸素の量も調整できるかもしれません

体内摂取酸素量を調節するたんぱく質、京大教授らが特定

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20110830-OYT8T00699.htm

体内に取り込む酸素量を調節するたんぱく質を、京都大の森泰生教授や高橋重成・特定助教らがマウスの実験で突き止めた。

哺乳類は、血中の酸素濃度が高いと、有害な活性酸素が作られ、肺疾患などを引き起こす。逆に濃度が低いと肺高血圧症などになる危険性が高まる。

このたんぱく質を働けないようにしたマウスは、通常の酸素濃度でも肺高血圧症になった。TRPA1が酸素量を調節して呼吸の状態を安定させていると考えられた。

(2011年8月30日  読売新聞から抜粋)


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>