OHMASA-GAS(水酸素ガス)


以前 日本テクノ株式会社の代表取締役社長の大政龍晋氏の
講演に出席する機会がありました

何かの間違いで 原発の専門家として呼ばれたようで
原発の質問には少し困ったようでしたが

わたしは以前から気になっていたテクノロジーでしたので
非常に興味深く有意義な時間となりました

大政社長が開発されたのは なんと水からエネルギーを生み出すというもの

水を電気分解すると水素と酸素の2つの気体が発生する
この水素を再び酸素と結合すると ものすごいエネルギーが生れる

中学生でも知っている

このエネルギーを利用しようと 世界中であらゆる実験がされてきたが
あまりにものすごいエネルギーのため 制御ができず
多くの科学者が命をおとしているらしいです

このブログでは水素水を主に書き綴っていますが
水素は保存が難しいことを 何度も記しています
水素水を生成しても 時間がたてばただの水になってしまい
どんなに高密度な容器を使っても 水素は外へ逃げてしまうのです

こういったように水素エネルギーは問題点の多いのです

そこで注目しているのが 大政社長の開発された特殊な電気分解により
生み出されるガスです
(youtubeで取材された動画ありましたので 最後に載せておきます)

水素と酸素が特殊な結合をしているらしく
圧力をかけても爆発することのない安定したガスが生み出されるみたいです

そのガスは大政社長の名をとって OHMASA-GASと呼ばれています

しかもガスボンベでの保管ができ 水素ガスのように漏れることもないみたいで
燃焼させても排ガスが発生せず水に戻るという夢のような燃料です

すでにOHMASA-GASで小型のエンジンやスクーターを動かすことに成功しています

さらに凄いのは他の燃料と合わせて使用できることです。
LPガスとOHMASA-GASを5:5の配分にして 自動車を動かすことも成功しています

もっと凄いのは 現在の科学を彷彿させるような事実があるということ
OHMASA-GASを作る電力より 作ったOHMASA-GASで生み出す電力の方が大きいこと
否定されつづけてきた永久機関ができてしまうかも・・・

電気を貯めることはなかなか難しいことですので、太陽光発電でOHMASA-GASを作り
太陽光が使えない時間帯は OHMASA-GASで発電するような時代も間もなくかもしれませんね

講演では OHMASA-GASの認可がおりるのは もう間もなくらしいです
認可する機関は 経済産業省の現在問題となっている・・・
原発推進派に邪魔されず ちゃんと認可されること
国の支援が入ることを祈っております

 


アドセンス広告

「OHMASA-GAS(水酸素ガス)」への6件のフィードバック

  1. 永久機関を作ったんじゃなくて、飛躍的にLPガスエンジンの燃焼効率を上げただけでしょ・・・
    所謂触媒ってやつですよ
    すごい発見にはかわりないけど。

  2. コメントありがとうございます
    もちろん 永久機関をつくったのではありませんね
    わたしの未来への希望で「仮定」で記させていただいてます
    また、飛躍的にLPガスエンジンの燃焼効率をあげただけではないと思います
    OHMASA-GASだけでも充分に燃料となりますから
    しかしすごい発見ですね

  3. はじめまして。
    >認可する機関は 経済産業省の現在問題となっている・・・
    >原発推進派に邪魔されず ちゃんと認可されること
    >国の支援が入ることを祈っております
    ですが、
    OHMASA-GASを作るためには電力が要りますので、
    その電力を作るためには原発が必要ということを考えると、
    OHMASA-GASの認可を邪魔しているのは原発推進派ではなく、
    石油に代わる燃料が普及することを恐れる国際石油メジャーと
    燃料の自給ができるようになることで日本が自立してしまうことを恐れる※国
    だと思いますよ。

  4. コメントありがとうございます。
    たしかに そうかもしれませんね。
    それらの圧力は非人道的な行為も迷わずに仕掛けるみたいですし…
    いずれにせよ 認可され、今後の発展に寄与されることを願います。

  5. 「OHMASA-GAS」水発電を経産省保安院は許認可を早く出して、東電福一原子炉の放射線除去を実行し、建屋瓦礫の放射線除去と「OHMASA-GAS」で溶解し福島県は世界一安全な土地にし、地元の方々に安心安全を約束し、世界の人々が羨望して別荘に観光に訪れる様に、日本経済イノベーションを上げるのには「OHMASA-GAS」日本テクノ大政龍晋CEOに最大期待します。

  6. 太陽光発電や風力発電でオオマサガスを作って日常の発電に使えば、本当に燃料資源貧困国の日本には救世主になる。また、燃料備蓄も可能だし、夢が広がる話だ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>