透析に水素ガス


またまた 素晴らしい研究結果が発表されました。
今度は東北大の研究です。
欧州腎臓・透析移植学会の学会誌 (Nephroloy Dialysis Transplantation) の電子版で発表されたようです。

http://www.med.tohoku.ac.jp/uploads/100416nk.pdf

慢性腎臓病・透析患者に対する新規治療法
(水電気分解技術を用いた水素含有透析水の作成とその臨床試験)

慢性腎臓病の末期状態に対しては、人工透析療法が広く行われています。現在、わが国の慢性透析患者は
年々増加し28 万人を超えており、その多くの患者は血液透析療法を受けていますが、動脈硬化の進展や易感染性などの問題は未だ解決されていません。この原因には高血圧、微小炎症状態、活性酸素の産生亢進といった慢性腎臓病に特異的な病態が関わっていることが指摘されてきましたが、これに対する有効な治療法は限られており、新たな治療法の開発が切望されてきました。
同研究チームは、水素ガスがヒドロキシラジカルなどの活性酸素を消去する現象に着目し、ナノバブル状水素ガスを含有する血液透析液を用いた治療法の開発を行ってきました。血液透析では1 回の治療に一人当たり平均120L もの水を用いるため、水素含有水を安定的かつ大量に作成するために水の電気分解注システムを組み込んだ血液透析システムを構築しました。国内の3 医療施設の協力で6 ヶ月間にわたる治療を行い(日鋼記念病院:北海道室蘭市、かしま病院:福島県いわき市、東葛クリニック病院:千葉県松戸市)、高血圧の改善、炎症や酸化ストレスの改善を認められました。副作用等の問題となる症状はなかったことから、従来の治療法では治療が困難な病態に対する新たな治療法となることが期待されます。


アドセンス広告

「透析に水素ガス」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>