水素の日アイキャッチ

本日8/26は「水素の日」


271年前の今日、水素の名付け親であるアントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエが誕生しました。
近代化学の父と称されてるアントワーヌ・ラヴォアジエに敬意を表し、8月26日を「水素の日」といたしました。

さて、身近に無尽蔵に存在する水素ですが、普段は水素を意識することは少ないのではないでしょうか!?

本日は少しだけでも、水素について考えてみませんか?

水素水ブログは、美容や健康、医療などを対象に水素の凄さを追いかけ、気が付くと8年ほど経っていました。この8年間、驚きと感動の連続だったわけですが、これからも驚くようなことが起こると思っています。

8年前は考えられませんでしたが、現在では水素医療を積極的に行われている医師もいらっしゃるのです。
まだ自由診療で保険は適用されませんが、水素水点滴や水素水注射なるものが存在しています。

注射をされた方の話を伺うと、注射を打った瞬間に肩の痛みがビクビクという感覚とともに消えたとのことです。ぜひ、かずサンドも一度、水素水注射を体験してみたいものです。

最近は、まだ突っ込んで書いておりませんが、子どものカラダや脳などの成長にも大きな働きがあるのでは!?と感じております。
シナプス増強と水素が密接な関係にあったら・・・

水素がすごいのは、健康・美容だけではありません。
最近、大きく注目されているのは、エネルギーとしての水素です。

かずサンドの家の近く?ではありませんが、まぁ遠くはない場所に水素ステーションができました。見た目はガソリンスタンドと変わりません。そう、すでに水素で自動車を走らせる時代が来ているのです。
そのメリットは排気ガスの代わりに水が排出されることです。CO2などの温室効果ガスがでないのは、嬉しいですよね。
水素を生成するときにCO2を出してしまうというオチがついてしまうのですが、水素の生成も環境にやさしい方法が考えられつつあります。
期待しましょう!

最後にまだ計算上の話ですが、水素にとんでもない圧力を加えると金属になると考えられているようです。
ある研究所ではほんの一瞬だけ液体の金属水素を観測できたとのことです。固体の金属水素の観測は残念ながらまだのようです。そして、この固体金属水素は超電導の可能性があるとして考えられています。
ちなみに木星と土星の深部はもしかすると高い圧力で液体金属水素の可能性があるとみられています。

ね。水素って凄いでしょ。面白いでしょ。(^^)/

まだまだ、水素のすごいところ面白いところが、たくさんあるから調べてみてください。

金環日食太陽の光も水素のおかげ
2012.05.21 金環日食(千葉) 撮影:かずサンド


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>