電磁波でも活性酸素!?


活性酸素の発生要因に電磁波が・・・[E:sweat01]
仕事上PCは日々使っているしな[E:bearing] 遠ざけるしかないかな[E:coldsweats02]

それじゃ オール電化が拡大している今日
IHクッキングヒーターは、強力な電磁波をもろに浴びてしまう問題商品ではないのか!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000062-zdn_ep-sci

人間は酸素を吸い、それを利用して細胞内のミトコンドリアという器官でエネルギーを得て生きています。この過程で莫大な量のフリーラジカルが発生します。フリーラジカルとは、不対電子、ペアになるべき相手を持たない電子を持つ分子または原子の総称です。こうした分子や原子はほかの物質とすぐに反応しようとしてラジカル(過激)な動きをするためにこのように呼ばれています。

活性酸素は、ほかの物質に対して極めて攻撃的になった酸素のことでフリーラジカルの一種です。適度な量のフリーラジカルは体内で殺菌作用など「プラス」の役割を果たしています。しかしこれが過剰に発生すると、非常に有害なものに変わります。これが酸化ストレスです。鉄がさびるのと同じように体をさびさせてしまう作用があるからです。

●何から体を守ればいいのか

フリーラジカルは体内で発生するもののほかに、体外から攻撃してくるものがあります。放射線、紫外線、ストレス、アルコール、タバコ、食品添加物、残留農薬、排気ガスなどの毒素です。これらは直接フリーラジカルを出すか、肝臓で代謝される過程でフリーラジカルを放出するのです。老化を促進させる危険因子は免疫機能、酸化ストレス、心身ストレス、生活習慣、代謝の5つあり、フリーラジカルによる酸化ストレスはこの中で最大の脅威でしょう。

日常生活におけるフリーラジカル発生要因としては、タバコの煙が一番大きいです。近年日本人の喫煙率は低下しつつあり、駅など公共の場での敷地内禁煙が広がっています。「禁煙に成功する」などの自己管理ができる意思の強さはエグゼクティブの資質だと思います。

<フリーラジカルの発生要因>

宇宙からの自然放射線
レントゲンで使うX線
パソコンや携帯電話から出る電磁波
ストレス
紫外線
タバコ
アルコール
排気ガス・大気汚染
食品添加物・残留農薬・そのほかの毒素

●大切なのは日々の心掛け

体内にはフリーラジカルに対して防御機構が備わっています。フリーラジカルを除去する酵素やコエンザイムQ10、αリポ酸などの抗酸化物質などがそれにあたります。抗酸化物質は食品からも摂取できます。健康な人間の身体は内外で発生するフリーラジカルと抗酸化能力がバランスのとれた状態にあるのです。

アンチエイジングドックでは酸化ストレスの指標(バイオマーカー)を測定して、酸化ストレスの程度を評価します。バイオマーカーは酸化によって損傷した遺伝子の一部(8-OHdGと呼ばれる物質)や酸化によって損傷した脂肪の一部(イソプラスタンと呼ばれる物質)などです。酸化ストレスがない状態を100点満点のスコアとして評価しますが、いくつになっても80点以上を保ちたいものです。タバコを1日20本以上吸う人、飲酒量が日本酒換算で1日4合以上の人、極端なやせ型(BMI 18以下)、糖尿病のある人は酸化ストレススコアが70点以下に落ちている可能性があり要注意です。該当する人は抗酸化能力をアップする生活を心掛けましょう。

<代表的な抗酸化物質>

ビタミンA・C・E(緑黄色野菜・海藻・果実)
コエンザイムQ-10(いわし・サバ)
ポリフェノール類(あずき・赤ワイン)
リコペン(トマト)
カテキン(緑茶)
アスタキサンチン(サケ)

酸化ストレスに対抗するための大原則は、フリーラジカルの発生要因から逃げることです。タバコをやめる、添加物の入った食品を避けるなど地道な努力が大切です。ストレス過剰になると血管がけいれんして血流が不規則なり、フリーラジカルが発生します。ここでもストレス対策が必要です。

次に、抗酸化力を高めることです。適度な有酸素運動は自分自身の抗酸化能力を高めます。「運動するとフリーラジカルが出てしまう…」などと屁理屈を言わないでください。5キロのジョギングで生じるフリーラジカルなど微々たるものです。微量なフリーラジカルの刺激によって身体の抗酸化酵素が活発化され、抗酸化能力が数日間以上も高められるからです。その結果、1週間に生じる酸化傷害の程度は適度な運動を行った人の方が少なくなります。

最後は、抗酸化物質を摂取することです。表1に代表的な抗酸化物質を示しました。緑黄色野菜や海藻、色彩豊かな果実などがいいようです。コエンザイムQ10、αリポ酸、アスタキサンチンなどのサプリメントもありますが、基本は食事から栄養素を取ることです。【米井嘉一】

(2010年3月31日 ITmedia エグゼクティブ)


アドセンス広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>