ルルドの泉に行ってきました!


Dsc_1242

あの奇跡の水ルルドの泉に行ってきましたヽ(゚Д゚;)ノ!!

ルルドはフランスの西南 ピレネー山脈の奥地にある町です

1958年に聖母マリアが町外れの洞窟の中で ベルナデッタという少女の前に現れ 世界の人々の改心のため 平和のために祈るようすすめました
また 聖母は洞窟の下の湧き水を指し示しました はじめは泥水でしたが次第に清水になり飲めるようになったそうです これがルルドの泉の始まりです

そして 水を飲んだり浸ったりした者のうち 不治の病が完全に治るという奇跡が何度も起きます その奇跡は現在も続いているそうです
教会はその奇跡の水の厳正な科学的調査を行い 1862年にその事実を認め その地に教会を建て 人々の参詣を許したのです

現在その奇跡は ルルドの泉の水に通常より多くの水素が含有しているからだ!?という説があります

ルルドの泉が水素水!?だとすると 水素生活マイスターとしては非常に興味があるところなのです(^_-)-☆

そして今回やってきたのは ルルドの泉の実物と全く同じ大きさで 1911年にフランス人宣教師ドマンジエル神父によって建てられた 東京のカトリック教会の総本山「東京カテドラル聖マリア大聖堂」の敷地内にあるルルドの泉です(*゚∀゚*)

都内にルルドの泉が存在しているとは知りませんでした
調べてみると下北沢や長崎市内そして長崎県の五島列島と日本に多数存在しているのです

東京カテドラル聖マリア大聖堂のルルドの泉は 一瞬本当の泉にいるかのような錯覚に陥るほど静かで パワースポットのような厳粛な空気を感じる場所でしたლ(╹‿╹ლ)
1つ残念なことは湧き水が存在していないことだけでしょうかヽ(゚Д゚;)ノ!!

 
 

そして大聖堂も一見の価値ありです★
聖堂内はパイプオルガンが響き渡り その場にいるだけで心が洗われるような感じになりました[E:bud]
聖堂内は撮影禁止ですので ご興味がある方は教会のサイトをご覧ください


アドセンス広告