水素ベイビー8ヵ月と人の親になる自覚


Dsc_1208_2

 

第2子水素っ子の誕生が近づいてきました(^^)

出産予定日ლ(╹‿╹ლ)は8月です[E:sun]

水素水水素風呂のおかげもあり 順調に育っています(*≧∇≦)ノ

赤ちゃんが大きくなり エコー写真で頭くらいしか判別できません

重さは すでに1キロほどだそうです[E:libra]

ここまで育つと 羊水などを含めると重さはもっとあり 母体の腰に負担がかかってきます(;・∀・)

妻は家事などで腰に負担がかかりすぎたときに 通常の湯船に浸かるより水素風呂に入るほうが 格段にラクになると申しています

ずっと水素水を追い続けていますが まだまだ水素に驚かされることがたくさんあります(*゚∀゚*)

そうそう 性別もはっきりしました[E:sagittarius]

でも まだ内緒[E:cherry] 水素水ブログでは生まれたときにご報告します(^_-)-☆

今回は水素水から少し外れて

かずサンドの体験に基づいた持論ですが 男性が人の親になる時の感覚について書きたいと思います(*゚∀゚*)

女性は10ヵ月間もの期間 お腹の中で子を育て そして出産します

あたりまえですが直接的に自分の子どもを感じ取ることができます

しかし男性は間接的に感じ取ることしかできないのです[E:think]

ですので この間接的に触れ合う機会が多くないと 出産時に実感がもてないのかもしれませんヽ(゚Д゚;)ノ!!

実際 出産直後に「親になった実感がない」という意見も多くあるようです[E:coldsweats02]

かずサンドは 女性が妊娠をし出産まで10ヶ月もの期間があるのは 女性も男性も親になる準備期間だと考えます★

もし この期間が2~3ヶ月だったとしたら 生まれてくる子に愛情が持てるのだろうかと考えてしまいます

女性ですら そういった感覚がなくなってしまうかもしれません

10ヶ月というけして短くはない期間 お腹の子と触れ合うからこそ愛情が生まれるのだと思います

・大きくなっていくお腹を見て胎児の成長を感じる

・胎児が動いてお腹がぷるんぷるん揺れるのを見て生命を感じる

・エコー写真や3D・4D写真を見ながらどんな容姿か想像する

・お腹に話しかけたり触れたりしコミュニケーションをとる

そういう時間を多く取ることにより その子の親としての自覚が芽生え 愛情が強化されていくと思うのです(*゚∀゚*)

もし 出張などでその機会を奪われたとしたら・・・[E:coldsweats02]

極めつけは 出産に立ち会うことで産声とともに その子の親の覚悟ができると思いますヽ(゚Д゚;)ノ!!

妻が痛みもがきながら出産しているのに 声をかける 腰をさするくらいしかできません[E:think]

しかし 何もできないからこそ 出産後は自分が家族を守ると心の奥で誓うのです[E:punch]

そして産声を聞いた瞬間 妻への感謝とともに心もその子の親になるのです(*≧∇≦)ノ

この記事をお読みいただいた これからパパになる方は ぜひともお腹のベイビーと触れ合う機会を増やしてください(^_-)-☆

子育ては胎児からですよ(^^)


アドセンス広告