当ブログお薦め水素水「浸みわたる水素水」アンケート


アビストH&F様は 自動車部品の設計や3Dプリンタなどの事業をしているJASDAQ上場(2013年12月18日)の株式会社アビストの子会社です

かずサンド情報網は水素水業界の濃ゆい話も入ってきます
新商品から裏話まで・・・ もちろん公開OKのものしかブログに載せませんし 一切口外もしません

そんな情報網からアビストH&F様は実直な経営をされているものと確信したことがあります
水素水に新規参入した企業の中には 問題のある営業をするものが少なからずおります
また 問題ある企業と組んでしまったりします
しかし アビストH&F様は水素水業界では後発組みではありますが 目先の利益にとらわれず 水素水を大切に=顧客を大切にする企業だと感じました

浸みわたる水素水

 

企業名: 株式会社アビストH&F

商品名: 浸みわたる水素水

URL: http://www.abist-hf.com/

アンケート:

1 貴社が水素水の事業を始められたきっかけは何ですか。

もともと、「水素水・水素」を知る以前から、“水”に関連した事業をやりたいと思っていました。水は人々が生きていくうえで必要不可欠な物であり、日常生活に密着した物だからこそ、毎日摂取して頂けるような安心・安全なお水をお客様にお届けできればと考えていたところ、水素研究の第一人者である太田成男教授との出会いがあり、そこで水素の持つ力にどんどん惹かれ「水素の素晴らしさを少しでも多くの人に知ってもらいたい、そして、健康になってもらいたい。」という気持ちを強く抱くようになりました。

2 貴社の水素水の特徴を教えてください。

●水へのこだわり
特に良質な水源・美味しい水の確保にこだわり、何度も井戸を試掘した末、日本の名水百選に選ばれた、熊本県菊池渓谷を源流にもつ‘菊池水系’を採水地に選定しました。『浸みわたる水素水』に使われている水は特にミネラルバランスに優れ、甘み、コクのある良質な地下水を使用しており、名水鑑定で有名な有限会社名水バイオ研究所より「まれにみる美味しい天然の健康名水」との鑑定書も頂きました。

●品質へのこだわり
アルミパウチの水素水製造工場としては国内最大規模の工場を建設し、水素水の充填から最後のパッケージングに至るまで、ほぼ全ての工程をオートメーション化しております。高いレベルでのクリーンルーム設備はもちろんのこと人間による雑菌や異物の混入を防ぐよう衛生管理には大変気を使っています。
また、水素溶存量がキチンと維持されているかを毎日計測し、社内基準を合格した商品だけを出荷致します。水素溶存量はもちろんの事、安全・安心を第一に当たり前のことをしっかりとまじめに取り組んでいます。

●お客様への配慮(梱包のこだわり)
30本入りの箱がご自宅や店舗に届くと保管にも場所をとってしまいます。少しでも収納しやすく、取り出しやすくしようと、中箱の設計も考え抜きました。ミシン目に沿って切り離せば、フタを開け閉めすることがなくそのまま什器として使用できます。キッチンの隙間や店頭にも置きやすいと、大変ご好評をいただいております。

3 水素水の事業に関わって、良かったなぁと思われることがありますか。

事業を開始してから多くの方に水素水の効果を実感してもらっておりますので、
喜びの声を聞く機会が多くあります。その中でも特に嬉しいのはやはり弊社の1番のこだわりである“水が美味しい”という感想を聞けた時です。初めて「お水が美味しい!」という感想をいただいた時は嬉しくて涙が出てきました。その他にも当社のサイトには他社商品を否定し、足を引っ張るような記載が一切ない事に対し、共感を持っていただいたお客様から「ガンバ!!」と応援コメントを頂けた時もとても嬉しかったです。こうしたお客様の声・期待を裏切らない為にも、今後も品質・水素溶存量にこだわり、飲料としての安全・安心を第一に「浸みわたる水素水」の美味しさを守っていこうと思います。

4 今後、水素水はどのような発展をされると思われますか。

まだまだ医療や美容における学術的研究に於いても研究途上の分野が多くありますので、将来的にはより明確な研究結果が実証され、国内に留まらず、世界の多くの国で信頼ある製品として認知される日が来ると確信しております。またお客様目線から新たな商品作りが盛んになされ、さらに身近な存在として水素水があらゆる場面で活用され、摂取されることになるハズです。

5 当ブログについてご意見、ご感想はございますか。

水素水を一消費者の立場で取り上げ、客観的な視点から公正に見分け、正しい情報を世間にお伝えするブログとしての先駆けであり、今後、水素水が社会で認知される様になる為にも必要不可欠な媒体だと認識しております。また、精力的に水素水の工場を視察されるなど、視聴者にとっても水素水をより身近に感じることができる工夫がなされ大変素晴らしいことだと感じております。今後、弊社も当ブログを通じてより多くの方に水素水についての正しい理解と普及活動のお役に立てるよう、信頼関係を構築できればと願っております。


アドセンス広告