カテゴリー別アーカイブ: 認知度向上

ドクターX 大門未知子

あの ドクターX 大門未知子の失敗を防いだのは水素!!


ずいぶん経ってしまいましたが
2016年7月3日 9:00~11:10に放送された大人気ドラマ
ドクターX 外科医・大門未知子のスペシャル
を見ましたか!?

かずサンドgood水素生活マイスターのかずサンドは感動しました!
なんと! 今回のドラマの内容で、水素が最も重要な位置づけになっていたんです!! しかも冒頭から水素が登場し 第一声が「水素ガス併用で麻酔導入完了しました」なのです
そしてクライマックスには水素が大門美知子の失敗を防いでしまうのです!


 

群れを嫌い 権威を嫌い 束縛を嫌い 専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医 大門未知子は ひょんなことから創薬の拠点であるクロス医療センターで働くこととなります (ここの病院長 黒須貫太郎はビートたけしが演じています)

そこで クワッドアクセル(4回転半)を成功させた国民的スターのフィギュアスケーター 氷室光二朗の手術をすることになりますが ここは創薬の拠点なので手術は許されません
外科は内科に従ってればよいとの考えの病院です
しかし 大門未知子は切らなければ次回の試合でクワッドアクセルを飛べないと薬で治すことに反対します
そして手術されたら困る病院長?はヒットマンに大門未知子を襲わせ 利き手を負傷させます
深手を負って手術ができなくなった大門は「私 失敗したのでー」と言い残し ある場所に身を潜めます(精神的ショックも大きかったようです)

大門がいなくなり 新薬による治療が進められることになりますが 時間が経っても残念ながら氷室の改善を認めることはできませんでした
大門が身を潜めている間の記述は略しますが この期間に負傷した手の治癒とリハビリはさすが失敗しません

大門は病院に戻ってきます
そして勝手に氷室の手術を始めようとします
病院側は閲覧室(オペ室の上のガラス張りになった見学できる部屋)から 手術を止めさせようと話しかけますが 病院長の黒須貫太郎は「やらせてやったら 失敗したら外科の限界ということで うちの薬で時間かけて治せばいいんだから」と言い放ち 手術が始まります

氷室は慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)という病症で、肺の血管につまっている血栓を取り除く肺動脈血栓内膜摘除術を行います
クワッドアクセルを飛べるようになるには細い血管の血栓も取り除く必要がありますが それはさすがに取り除くことはできません そこで血管を広げて血流を確保するというバルーン肺動脈拡張術を追加します
この手術を行うにあたり 血液の循環を止め 体温を18℃まで下げる 超低体温循環停止を行います
そこで問題となるのが時間です
時間を越えると脳障害の恐れがあるのです

ゆごサンド博士そう時間が 時間が 時間が・・・
どうしても残り2本の血管が間に合わない
タイムアップ 大門未知子の失敗か!
その時 ビートたけしが いや病院長 黒須貫太郎が「水素を使いなさい」とアドバイスするのです

低体温療 + 水素 → 再灌流障害を防ぐ効果

ということで 水素ガスを使うことによって手術時間を延ばせるというウルトラCで手術が大成功するのです

もちろん氷室光二朗は試合でクワッドアクセルを成功させます


大門未知子のピンチをビートたけしと水素が救ったと言ってもいいでしょう!
しかし ビートたけしの「水素を使いなさい」にはシビレましたね

そうそう このドラマ放送後には 水素業界がいい意味で騒然となったと思ったのですが ビックサイトで開催されたヘルス&ビューティ展で 水素業界の数人に確認したのですが 「知らなかった」「録画しているが見てない」とのことでした
「すぐに確認しなくてはー」とおっしゃってました w

最後に 『私、失敗しないので』待望の連ドラ第4弾決定してようです!
2016年10月スタート 毎週木曜 夜9:00放送
楽しみですね~


アドセンス広告
水素水人気アイキャッチ

今後更に水素水は注目される!?


水素水の認知度や人気度があがっていることを示す記事がでました。
売上データを分析したランキングですので、信憑性は高いと思います。

このランキングを行っているranKing ranQueen(ランキンランキン)ってご存知ですか?
調べてみると、現在流行っている人気商品と、これから流行ると予測する注目商品のみを扱っている流行発信ショップ「流行りもののテーマパーク」ということです。

なんか面白そうなお店です。\(^o^)

全部で5店舗あります。
・新宿店
・自由が丘店
・あざみ野店
・北千住店
・ekimoなんば店

機会があったら、ぜひ行ってみたいです。
1つ残念なのは一番行きやすい新宿店が営業終了とのことです。


【LIFE HACKS】人気雑貨店が予測する2014年下半期のヒット商品

東急レクリエーションが全国に5店舗を展開する、流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」は、2014年上半期に同店が取扱った全商品(約3000種類)の売上データをもとに販売傾向を分析するとともに、2014年下半期のヒット予測を発表した。ランキンランキンが予想する2014年の“コレクル”キーワードは、「贅沢ヘルシー」「進化系多機能」「温故知新」となった。

■キーワード「贅沢ヘルシー」

2014年4月には消費税率が5%から8%へ引き上げられた。増税後の消費行動は安心・安全を重視する「本物志向」と、日常生活のご褒美としての「プチ贅沢志向」が進み、本当に良いものは何かと見極めて購入する特徴が挙げられる。奇跡のフルーツとも呼ばれるアサイーは、ビタミンやミネラルを豊富に含み、美肌・抗メタボ・血流改善など、美容・健康効果があると言われ、アサイー関連商品の発売が目立った。上半期ヒット商品第1位の『エンナチュラル グリーンスムージー』は、野菜・フルーツ18種とMIX酵素入りで、パウダーを水で溶かすだけの自然派グリーンスムージーだ。
ヘルシー(健康的)な体質を目指す女性に定番人気のくるみやナッツは、上半期ヒット商品で上位20位以内に3アイテムもランクインし、水素水やココナッツウォーターは今年さらに注目を浴びた。また、化粧品など外からのケアに頼りきらず、姿勢や肩甲骨を整えるアイテムが人気で初ランクインを果たした。今後も引き続き、インナービューティーを磨くセルフケアグッズは注目のアイテムとなりそうだ。

(2014年10月4日 @DIMEより一部抜粋)


アドセンス広告