カテゴリー別アーカイブ: 水素風呂

水素発生素材タイプ注意

水素風呂 水素発生素材タイプの使用方法に注意!


水素風呂の商品において当サイトで水素発生素材タイプと位置づけているものに火傷のおそれがあることが国民生活センターで告知されました。
ご利用の方は使用方法に十分お気をつけください。

ちなみに水素発生素材タイプは以下の画像のようなものです。
Dsc05500

気泡がものすごい勢いで発生していますが、あれがすべて水素ではありません。ほとんどは水蒸気だそうです。
ですので、湯船に入れてからは発生素材やそのケースに触れるのはもちろん、発生した気体も直接触れないほうがいいと思われます。

話は少しずれますが、このニュースはYahooのトップニュースで取り扱われたのですが、そのコメント欄は「水素の効果に科学的根拠はない」と溢れかえっています。
しかし、それはただ不勉強なだけで、医学における水素の論文は世界中から出ており、臨床も始まっています。


“水素が出る入浴剤”でやけどのおそれ 国民生活センターが注意呼び掛け
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1607/21/news121.html

水素を発生するというパック型入浴剤でけがをするケースが起きているとして、国民生活センターは7月21日、注意を呼び掛けた。今年5月末までの5年間で、子どもがやけどするなど、けがを負った報告が7件あるという。
(2016年7月21日 ITmedia ビジネスオンライン)


発熱反応を伴い水素を発生するというパック型入浴剤-使い方によっては、やけどのおそれも-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160721_1.html
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160721_1.pdf
(国民生活センター)


アドセンス広告
hydrogen water report

Hydrogen Water Report / 水素水レポート(英語バージョン)


日本語訳

こんにちは。レポーターのマデュラです。
本日は東京ビックサイトで開催されている「健康博覧会2016」に来ています。
健康博覧会とは、健康食品やサプリメント、健康機器、ビューティー、アンチエイジング、スポーツ、フィットネス、オーガニック、ナチュラルに関連した企業が集まり、健康関連商材をアピールする日本最大級の健康産業ビジネストレードショーの場となっています。
その多くの商材の中から、ここ最近注目されている水素水についてレポートしたいと思います。

今回レポートするのは、こちらの複数の水素関連商材を出されているドクターズチョイスです。
まずは「水素水とは何か?」を聞いてみたいと思います。

Q 『水素水とは何でしょうか?』
A 『水素が水に溶けた状態の水を水素水と呼びます。』

次に「水素水を飲むとどんないいことがあるのか?」を聞いてみましょう。

Q 『水素水を飲むとどんないいことがあるのでしょうか?』
A 『まず、水素の一番の働きは、抗酸化という働きがあります。例えば、リンゴは空気に触れて茶色くなっていきます。それと同じように人間の体も酸化します。それが老化に繋がっていきます。それを防ぐことができる水です。他にも血圧を下がったり、アレルギーが良くなったり、認知症、老人になってボケてくることを防ぐ効果が、現在研究機関等で発表されています。』

水素水凄いですね。

ドクターズチョイスさんで出されている水素関連商材は、まずはこちらの水素水、商品名は「みんなのすいそすい」、そしてこちらの水素水生成器「H2 SERVER」、ミニタイプもあります。最後に水素入浴剤の「水乃素(みずのもと)湯(ゆ)」を取扱いされています。

簡単に商品について説明しましょう。

まずはこの水素水、容器がアルミでできています。わざわざ容器に価格の高いアルミを使う理由は、水素が抜けないようにするためです。水素は宇宙で一番小さい分子ですので、ペットボトルなどではすぐに水素は抜けてしまいます。ですので、アルミパウチを採用しているのです。
水の美味しさにもこだわっていて、熊本の名水を水素水にしているとのことです。

こちらのH2 SERVERは、ボタンを押すだけで好きな時に好きなだけ水素水を飲むことができます。他社のメーカーのほとんどは海外で作られているようですが、H2 SERVERはメイドインジャパンだそうです。

入浴剤の「水乃素湯」は、お風呂の水を水素水にできるのです。飲んで水素を摂取するのではなく、皮膚から水素を摂取できるのです。しかも身体もすごく温まるとのことです。

どうでしたでしょうか。
あなたも水素生活をしてみてはいかがでしょう。
最後に水素商品には偽物商品も多くあるので購入前にはちゃんと勉強してくださいね。
それではレポーターのマデュラでした。


アドセンス広告